Home » SprutCAM X » ワイヤーEDMプログラミング

ワイヤーEDMプログラミング

ワイヤーEDM加工のための2~4軸加工方法
さらに詳しく

SprutCAMにおける2~4軸ワイヤーEDM加工

2~3軸ワイヤーEDM

「ワイヤーEDM 2D輪郭加工」オペレーションは、2D輪郭に沿ったワイヤーパスの作成(2軸加工)と、傾斜したワイヤーで2D輪郭に沿った動作(円錐または3軸加工)に使用されます。

そのため、結果として生じるワイヤーパスは、下面と上面の平面ワイヤーによって生成される輪郭を、別々に指定する必要がある4軸加工とは対照的に、1つの輪郭に基づいています。

4軸ワイヤーEDM

「ワイヤーEDM 4D輪郭加工」オペレーションは、2つの2D輪郭に沿ったワイヤーパスを同時に生成するために使用します。 これらの輪郭のうちの1つは下部のスライドガイドの動作を定義し、2番目の輪郭は上部のスライドガイドの動作を定義します。

そのため、「2D加工」とは対照的に、このオペレーションではワイヤーの上部と下部は全く異なるパスを生成することができます。

2~3軸ワイヤーEDM

「ワイヤーEDM 2D輪郭加工」オペレーションは、2D輪郭に沿ったワイヤーパスの作成(2軸加工)と、傾斜したワイヤーで2D輪郭に沿った動作(円錐または3軸加工)に使用されます。

そのため、結果として生じるワイヤーパスは、下面と上面の平面ワイヤーによって生成される輪郭を、別々に指定する必要がある4軸加工とは対照的に、1つの輪郭に基づいています。

4軸ワイヤーEDM

「ワイヤーEDM 4D輪郭加工」オペレーションは、2つの2D輪郭に沿ったワイヤーパスを同時に生成するために使用します。 これらの輪郭のうちの1つは下部のスライドガイドの動作を定義し、2番目の輪郭は上部のスライドガイドの動作を定義します。

そのため、「2D加工」とは対照的に、このオペレーションではワイヤーの上部と下部は全く異なるパスを生成することができます。

加工開始点と終了点、ワイヤースレッディングポイントと切断ポイント、円錐角度およびその他の関連パラメーターを輪郭ごとに個別に定義することが可能です。

EDMプログラミング機能

EDM プログラミング用のインタラクティブインターフェイス

SprutCAMではさまざまな種類の切削を生成できます: 荒取り、仕上げ、ブリッジカット、ブリッジカット後のクリーンアップ加工など。

また、加工順序の設定、切削方向の最適化、ワイヤー半径補正方法の指定、工程停止コマンドの制御プログラムへの出力なども可能です。

アプローチ、リトラクトのインジケーターはインタラクティブで、グラフィックウィンドウ内で移動することができ、他の要素や座標原点を基準にして、正確な寸法を定義することができます。

EDM プログラミング用リンク

SprutCAMはワークピース上にブリッジと呼ばれる特別な未完成領域を残すための定義済みパラメーターを提供します。 ワイヤーがその領域に達すると、システムは処理のシャットダウンを生成し、その後、ワークピースの特定の部分を固定するために、いくつかの追加の対策を取る必要があります。

その後、未完成のブリッジは自動的に切断できます。 パラメーターを定義して、ブリッジカットのパス数、ブリッジカット後の輪郭を仕上げるためのカット数、およびこれらのカットの実行順序を決定するパラメーターなども定義できます。

切削速度

最新のEDM用CNCコントローラでは、輪郭に沿ってワイヤを切断するたびに、事前に定義された切断速度のテーブルをコントローラに読み込むことができます。 加工プロセス中、テーブルからのデータは、切削速度の特殊コードを指定することで選択されます。

SprutCAMは切削条件のこのような項目をサポートしています。 ワークピースの高さや材質、ワイヤーの材質と直径、パーツの必要な面の滑らかさに応じた切削速度、ワイヤーオフセット量(許容値、各切削ごとに個別でワイヤー半径を考慮、バーンアウト、放電スパークのパワーによる)、そして、各切削用に他のパラメーターを選択することができます。

各加工条件のテーブルは、特別な切削データライブラリから選択するか、各オペレーションで手動で更新することができます。

EDM プログラミング用のインタラクティブインターフェイス

SprutCAMではさまざまな種類の切削を生成できます: 荒取り、仕上げ、リンク切削パス、リンク切削後のクリーンアップ加工など。

また、加工順序の設定、切削方向の最適化、ワイヤー半径補正方法の指定、工程停止コマンドの制御プログラムへの出力なども可能です。

アプローチ、リトラクトのインジケーターはインタラクティブで、グラフィックウィンドウ内で移動することができ、他の要素や座標原点を基準にして、正確な寸法を定義することができます。

EDM プログラミング用リンク

SprutCAMはワークピース上にブリッジと呼ばれる特別な未完成領域を残すための定義済みパラメーターを提供します。 ワイヤーがその領域に達すると、システムは処理のシャットダウンを生成し、その後、ワークピースの特定の部分を固定するために、いくつかの追加の対策を取る必要があります。

その後、未完成のブリッジは自動的に切断できます。 パラメーターを定義して、ブリッジカットのパス数、ブリッジカット後の輪郭を仕上げるためのカット数、およびこれらのカットの実行順序を決定するパラメーターなども定義できます。

切削速度

最新のEDM用CNCコントローラでは、輪郭に沿ってワイヤを切断するたびに、事前に定義された切断速度のテーブルをコントローラに読み込むことができます。 加工プロセス中、テーブルからのデータは、切削速度の特殊コードを指定することで選択されます。

SprutCAMは切削条件のこのような項目をサポートしています。 ワークピースの高さや材質、ワイヤーの材質と直径、パーツの必要な面の滑らかさに応じた切削速度、ワイヤーオフセット量(許容値、各切削ごとに個別でワイヤー半径を考慮、バーンアウト、放電スパークのパワーによる)、そして、各切削用に他のパラメーターを選択することができます。

各加工条件のテーブルは、特別な切削データライブラリから選択するか、各オペレーションで手動で更新することができます。

SprutCAMのインストール

トライアルのダウンロード

SprutCAMを入手

リセラーを検索

CNCマシンと産業用ロボットのプログラミングソリューション

SprutCAMが提供する他のCNCとロボットプログラミングソリューションをご覧ください
SprutCAM CAMでの2.5軸および3軸フライス
SprutCAM CAMでの4軸フライス
SprutCAM CAMでの旋盤
SprutCAM CAMでのミルターン
SprutCAM CAMでの多軸
SprutCAM CAMでの高速加工およびアダプティブ加工
SprutCAM CAMでのスイス型とMTM
SprutCAM CAMでの5Dおよび6D切削
SprutCAM CAMでのアディティブおよびハイブリッド加工
SprutCAM CAMでのEDM
SprutCAM CAMでの2D切削加工
Daily posts from our clients all over the world
  • KUKA tool change

KUKA Robot tool changing

4月 28th, 2022|

Tool changing is an important operation while machining. SprutCAM supports this operation and berlinolli showed how […]

SprutCAMを利用しているギャラリーを見る