Home/SprutCAM/5Dおよび6D CNC切削加工プログラミング

5Dおよび6D CNC切削加工

フライス、レーザー、ウォータージェット、プラズマ、ナイフを使用した切断とトリミング

SprutCAMはこれらの5Dと6Dの切削に対応しています

レーザー切削

Laser cutting

プラズマ切削

Plasma cutting

ウォータージェット切削

Waterjet cutting

ナイフ切削

5D 切削のハイライト

5軸切削加工機のプログラミング機能
Get toolpath instantly

ツールパスを瞬時に作成

ツールパスを作成するには:

  1. モデルのエッヂを指定
  2. SprutCAMは工具軸を制御するために、隣接する面のいずれかを選択することが可能
  3. 選択した面に対する工具軸の方向を選択
  4. <<実行>>をクリック

SprutCAMはソリッドモデルとメッシュモデルの両方に対応しています。

Tool axis control at each toolpath point_ lead and lean angles

各ツールパスポイントでの工具軸制御:リード角とリーン角

ツールパスを計算した後、各ポイントのツールベクトルを編集することができます。 リーン角とリード角はツールパスの任意のポイントで設定することができます。

リーン角とリード角は、手動で設定することも、ツールパス最適化マップを使用して自動的に設定することもできます。

機械とパーツの衝突や特異点の回避に役立ちます。

Interactive toolpath editing after calculation

計算後のインタラクティブなツールパス編集

実際のパーツの形状がCADモデルと一致しないことがよくあります。

そのため、SprutCAMでは、ツールパスをスプラインに変換し、インターフェース上で直接編集することができます。

ツールパスを瞬時に作成

Get toolpath instantly

ツールパスを作成するには:

  1. モデルのエッヂを指定
  2. SprutCAMは工具軸を制御するために、隣接する面のいずれかを選択することが可能
  3. 選択した面に対する工具軸の方向を選択:工具先端またはフランク
  4. <<実行>>をクリック

SprutCAMはソリッドモデルとメッシュモデルの両方に対応しています。

各ツールパスポイントでの工具軸制御:リード角とリーン角

Tool axis control at each toolpath point_ lead and lean angles

ツールパスを計算した後、各ポイントのツールベクトルを編集することができます。 リーン角とリード角はツールパスの任意のポイントで設定することができます。

リーン角とリード角は、手動で設定することも、ツールパス最適化マップを使用して自動的に設定することもできます。

機械とパーツの衝突や特異点の回避に役立ちます。

計算後のインタラクティブなツールパス編集

Interactive toolpath editing after calculation

ツールパスを作成するには:

  1. モデルのエッヂを指定
  2. SprutCAMは工具軸を制御するために、隣接する面のいずれかを選択することが可能
  3. 選択した面に対する工具軸の方向を選択:工具先端またはフランク
  4. <<実行>>をクリック

SprutCAMはソリッドモデルとメッシュモデルの両方に対応しています。

5D 切削デモ

6D 切削のハイライト

6軸切削加工機とロボットのプログラミング機能
Additional axis support

追加軸のサポート

SprutCAMは追加軸をサポートしています。
例えば、機械テーブル上に配置された第6転軸。

6D knife cutting

6Dナイフ切断

SprutCAMにはナイフの安全性と刃の方向制御するために、ナイフ切断用の特別なソリューションがあります。
設定可能なソリューション:

  • 素材内でナイフが回転するときのツールパスの曲率制限
  • ナイフは両面使用可:どちらか一方の刃を使って切断することが可能
  • シャープなツールパスのコーナーにおける空中でのナイフの後退と回転

追加軸のサポート

Additional axis support

SprutCAMは追加軸をサポートしています。
例えば、機械テーブル上に配置された第6転軸。

6Dナイフ切断

6D knife cutting

SprutCAMにはナイフの安全性と刃の方向制御するために、ナイフ切断用の特別なソリューションがあります。
設定可能なソリューション:

  • 素材内でナイフが回転するときのツールパスの曲率制限
  • ナイフは両面使用可:どちらか一方の刃を使って切断することが可能
  • シャープなツールパスのコーナーにおける空中でのナイフの後退と回転

6D 切削デモ

多軸加工におけるSprutCAMの利点

効率化されたワークフロー、ツールパスの安全性、高速NCプログラミング
Taking into account machine kinematics

マシンキネマティクスを考慮

SprutCAMはツールパスの計算中にすべての制限によって説明されるマシンキネマティクスを考慮しています。

シミュレーションはツールパスが計算された直後にバックグラウンドで実行されます。 衝突が発生した場合、シミュレーションモードに切り替えることなく、衝突を解決することができます。

このようにして、CNCプログラミングのワークフローは効率化され、特に5軸加工機のプログラミングにかかる時間が大幅に短縮されます。

自動化された特異点回避

SprutCAMには特殊な特異点制御パラメーターがあり、5軸、6軸ともにプログラミングが容易になります。

Automatic singularity avoidance

マシンキネマティクスを考慮

Taking into account machine kinematics

SprutCAMはツールパスの計算中にすべての制限によって説明されるマシンキネマティクスを考慮しています。

シミュレーションはツールパスが計算された直後にバックグラウンドで実行されます。 衝突が発生した場合、シミュレーションモードに切り替えることなく、衝突を解決することができます。

このようにして、CNCプログラミングのワークフローは効率化され、特に5軸加工機のプログラミングにかかる時間が大幅に短縮されます。

自動化された特異点回避

Automatic singularity avoidance

SprutCAMには特殊な特異点制御パラメーターがあり、5軸、6軸ともにプログラミングが容易になります。

Install SprutCAM

Download trial

Get SprutCAM

Find Reseller