Home/SprutCAM/2D切断加工機のプログラミング

SprutCAMのプラズマ切断、レーザー切断、ウォータージェット切断、酸素切断、ナイフ切断

2D切断プログラミング用CAD/CAMシステム

SprutCAMでプログラムされる2D切断の種類

レーザー切断

Laser cutting

プラズマ切断

Plasma cutting

ウォータージェット切断

Waterjet cutting

ナイフ切断

Knife cutting

オートメーション

Crosspieces function

ブリッジ(タブ)機能

カットしたパーツをシートに保持するために、輪郭にいくつかのブリッジを残すことができます。 切断後、クロスピースをカットし、シートからパーツを取り出します。

SprutCAMにはブリッジを操作するための以下のモードがあります:

  • ブリッジなしの加工
  • 一定数のブリッジが設定されているため、すべてのカーブに偶数のブリッジが追加
  • 各カーブのブリッジの数は可変で、その長さと表面積に基づく
Automatic schemes for angle passing

コーナーパスの自動スキーム

パーツの誤ったコーナーカットを回避するために、本システムにはコーナー部のツールパス計算方法がいくつかあります。 システムは選択されたアプローチに応じて工具の貫通位置を自動的に計算し、隣接するパーツの不用意な切断を回避します。

Contour cutting sequence

内側の輪郭を考慮して、パスの長さに応じて輪郭切断順序を最適化

輪郭切断の順序は、内側の輪郭を考慮して自動的に決定されます。
これは、内側に切断されていない部分がある状態で、不用意な切り取りを避けるために行う必要があります。
このシステムでは、部品間のパスの長さを考慮に入れた加工順序の最適化も行います。

最適アプローチ

ワークピース輪郭への最適なアプローチポイントを自動検出し、隣接するパーツへのアプローチとリトラクトを同時に制御します。 システムは選択されたアプローチに応じて工具の貫通位置を自動的に計算し、隣接するパーツの不用意な切断を回避します。

すでに加工されたゾーンの上を通過しない

多くの場合、加工された部分は熱処理によって曲がってしまい、後でカッターヘッドをその上に移動させたときに破損してしまうことがあります。 このような状況を回避するために、切断開始点間のトラバース移動は、シートの未加工ゾーンの上方で行うことができます。
この機能をオフにすると、ポイント間の最短距離に沿ってパスが実行されます。
この機能をオンにすると、カッターヘッドが既にカットされた輪郭の上を通過するのを避けるようにパスが作成されます。

3D切断シミュレーション

加工シミュレーションモードでNCコードをチェックします。 切断シミュレーションにより、NCコードの品質を視覚的に制御します。

ブリッジ(タブ)機能

Crosspieces function

カットしたパーツをシートに保持するために、輪郭にいくつかのブリッジを残すことができます。 切断後、クロスピースをカットし、シートからパーツを取り出します。

SprutCAMにはブリッジを操作するための以下のモードがあります:

  • ブリッジのない加工機
  • 決められたブリッジの数を設定、全てのカーブに偶数のブリッジが追加
  • 各カーブのブリッジ数は可変で、その長さに基づく
  • 各カーブのブリッジ数は可変で、その表面積に基づく

コーナーパスの自動スキーム

Automatic schemes for angle passing

パーツの誤ったコーナーカットを回避するために、本システムにはコーナー部のツールパス計算方法がいくつかあります。 システムは選択されたアプローチに応じて工具の貫通位置を自動的に計算し、隣接するパーツの不用意な切断を回避します。

内側の輪郭を考慮して、パスの長さに応じて輪郭切断順序を最適化

Contour cutting sequence

輪郭切断の順序は、内側の輪郭を考慮して自動的に決定されます。
これは、内側に切断されていない部分がある状態で、不用意な切り取りを避けるために行う必要があります。
このシステムでは、部品間のパスの長さを考慮に入れた加工順序の最適化も行います。

最適アプローチ

ワークピース輪郭への最適なアプローチポイントを自動検出し、隣接するパーツへのアプローチとリトラクトを同時に制御します。 システムは選択されたアプローチに応じて工具の貫通位置を自動的に計算し、隣接するパーツの不用意な切断を回避します。

すでに加工されたゾーンの上を通過しない

多くの場合、加工された部分は熱処理によって曲がってしまい、後でカッターヘッドをその上に移動させたときに破損してしまうことがあります。 このような状況を回避するために、切断開始点間のトラバース移動は、シートの未加工ゾーンの上方で行うことができます。
この機能をオフにすると、ポイント間の最短距離に沿ってパスが作成されます。 この機能をオンにすると、カッターヘッドが既にカットされた輪郭の上を通過するのを避けるようにパスが作成されます。

3D切断シミュレーション

加工シミュレーションモードでNCコードをチェックします。 切断シミュレーションにより、NCコードの品質を視覚的に制御します。

Install SprutCAM

Download trial

Get SprutCAM

Find Reseller

Powered by SprutCAM

Daily posts from our clients all over the world

Rotary machining

8月 13th, 2020|

Our customers are located all over the world and engaged in a variety of industries. KRAUS Motor Company is engaged in the assembly of its motorcycles and we are glad that with the help of SprutCAM such amazing machines are obtained.

“For now it called a KRA foot, it is a part we are making in collaboration with Ohlins.”

See their amazing motorbikes on their page

4 axis turn-milling

8月 11th, 2020|

SprutCAM can perform turning and milling toolpaths in any order. The workpiece for each subsequent operation is the result of all the previous ones. You can see the current state of the workpiece at every step.

See the original post of our Greece reseller

Statue of Maharaj

8月 10th, 2020|

A lot of our customers and dealers use SprutCAM to create decore or statues from different materials. This is an example from India. Creating statue of Veer Chhatrapati Shivaji Maharaj.

See the original post on Facebook

Triple ABB waterjet cutting

8月 7th, 2020|

SprutCAM Robot can be used for different robot arms with or without rails, rotate tables, etc. This is the test of triple ABB robots using waterjet cutting operation.

These amazing integrations are done by our Chinese dealer Sprut Software TechnologyKunshanCo., Ltd.

See the original post