SprutCAM Robotワークフローを探る

Select the robot cell

ロボットセルを選択

コーディングスキル不要でロボットセルを組み当てます。 ライブラリからエレメントを選択し、仮想ロボットセルを組み立てます。 ライブラリにはFanuc、KUKA、Yasukawa Motoman、Nachi、ABB、Staubli、Comau、Kawasaki、Universal Robots などが含まれています。 また、システインテグレータから組み立て済みのセルを使用することもできます。

Import CAD model and select workpiece

CADモデルを読み込んでワークピースを選択

作業するパートのCADモデルをインポートし、またさまざまなCADとの統合が可能で、多くのフォーマットをに対応しています。 既存のワークピースのモデルをインポートしたり、SprutCAM Robot内で新規にモデルを作成したりすることができます。

パラメーターの設定とツールパスの計算

素材除去、表面処理、エッヂフォロー、またはクラッディングのための統合的なセットからツールパス方法を選択します。 パラメーターを設定すると、ソフトウェアが軌跡を計算します。

シミュレーションと最適化

シミュレーションが組み込まれており、アプリケーション間の切り替えは必要ありません。 素材の除去もシミュレーションされます。
強力な最適化ツールを使用して、衝突、ワークゾーンの制限、特異点を回避します。

ポスト処理

コードをロボットの言語に翻訳します。 ポストプロセッサライブラリには、主要なメーカーのものが全て含まれています。 カスタマイズ可能で使いやすいポストプロセッサ環境も用意されています。

アプリケーション

SprutCAM Robotはあらゆる用途にご利用いただけます:フライス加工(石材/木材/発泡体/樹脂)、ダブルスピンドルフライス加工、ワイヤーカット、バリ取り/トリミング、研削/研磨、切断(プラズマ/レーザー/ウォータージェット/ナイフ)、溶接、塗装/スプレーコーティング、ディスペンサー、 コーポラティブロボティクス、アディティブ加工、工具への部品供給、レール/ロータリー、ロボット+CNCマシンの連携

Watch this step-by-step SprutCAM Robot workflow video. Narrated by the senior developer.

Watch video