Home » SprutCAM ロボット » ロボット切削

究極のワークフロー
ロボット切削用
プログラミング

プラズマ切断、レーザー切断、ハイドロアブレイシブ切断、ナイフ切断、酸素切断
主な機能

どんなツールでも動作します。

平面パーツや複雑な形状の加工をプログラミングすることができます。ツールパス計算はパラメータを考慮します:切削幅、ワークの高さ、切削速度、水圧、パスのコーナーでのブレーキ

プラズマ切断

SprutCAMロボットの電気アークツールを使用したプログラムの作成

デモを見る

レーザー切断

SprutCAMロボットでのレーザー切削のためのツールパス計算

デモを見る

ハイドロアブレイシブ切断

SprutCAMロボットはウォータージェット切断のためのツールパス計算の可能性を提供

デモを見る

ナイフ切断

SprutCAMロボットには2種類の切断オペレーションがあります。 平らで複雑な形状のモデル

デモを見る

酸素切断

SprutCAMロボットにおける酸素切断用ツールパス計算

デモを見る
主な機能

ツールパス

ロボット切削のための総合的なツールパスパック:22種類の荒加工と仕上げ加工のツールパス

当社は20年にわたりCNCマシンプログラミング用CAD/CAMソフトウェア SprutCAMを開発してきました。 この間、CNCマシン用の2.5軸、3軸、4軸、5軸加工用の膨大なツールパスを開発してきました。

現在これらのツールパスはすべてSprutCAM ロボットで産業用ロボット切削に利用可能です。

SprutCAM ロボット 14の新機能

メッシュ5Dツールパス

新しいメッシュ5Dオペレーションは、三角メッシュとサーフェスで動作し、5軸サーフェス仕上げ加工に強力な方法を提供します。

最も高度な方法であるスカラップは、彫刻などの複雑な形状の仕上げ加工をワンクリックで簡単に行うことができます。

ダウンロード SprutCAM ロボット 14
主な機能

冗長軸制御

SprutCAM Robotを使用することで、ロボットの動きやレール、1軸または2軸の回転テーブルを精密に制御することができます。

レール上の動きを制御

回転を制御し、デスクを傾斜

主な機能

ワークフロー用工具

シミュレーションが組み込まれており、アプリケーション間の切り替えは不要です。 材料の除去もシミュレーションされます。 強力な最適化ツールを使用して、衝突、ワークゾーンの制限、特異点を回避します。

Robot cutting examples

Plasma / Laser / Waterjet / Knife / Wire cutting

Robotic hot wire cutting a huge part
Special Patterns, SprutCAM partner, Australia
Robot plasma cut – multitask machine
COMAC, SprutCAM partner, Brazil
HONYEN Robot offline laser cutting
SprutCAM China

ロボットのためのCAD/CAMソリューション

SprutCAM ロボットのロボットプログラミングは、 空間内での位置と固定を考慮して実行されます – 水平、垂直、反転 / ロボティックセル内の任意の位置

SprutCAMのインストール

トライアルのダウンロード

SprutCAMを入手

リセラーを検索